故障や水漏れが少ない日本のトイレ

故障や水漏れが少ない日本のトイレ 私達の身近にあって、当たり前のように毎日使っているトイレですが、細部の仕組みや構造などを知らないことで起きてしまうトラブルもあります。対処に困る水漏れなどが起きてしまってから、修理をプロに依頼したり、トイレの交換などの大きな工事になってしまう場合があります。
日本のトイレは高い技術で製造されており、水漏れや故障も少なく、清潔で世界に誇れるほど素晴らしい便器や便座と認識されています。

■高品質には高品質なお手入れが必要です

メーカーは洋式トイレを日本へ輸入し、温水洗浄便座を開発し、清潔な環境を私達に提供してくれています。その分私達がするべきメンテナンスも複雑になっています。説明書をよく読んで正しいお手入れの方法を知っておく事は大切です。
特に温水便座付きの便器などは、電気配線などもあり複雑な機能が搭載されているので、タンクと共に普段から掃除や手入れをし、気をつけて扱う必要があります。最近ではタンクレスなどのコンパクト設計となっている型もあり、タンクの掃除や注意すべき事も変化してきています。便座の温水はタンクからの水が直接供給されているので、タンク内を清潔に保つことは、とても大切です。自分の使用している便座の構造を知り、正しい掃除方法を把握しておきましょう。

■デザイン性と高性能
今やトイレもインテリアの一部になってきています。美しく清潔で癒される空間としてインテリア雑誌などにも多く紹介されていて、美しいデザインに憧れる人も少なくありません。故障や老朽化だけではなく、インテリアとして、あるいは落ち着ける空間を持ちたいという希望からトイレの交換をする人も増えています。
日本の便器や便座は、バリアフリーを求める消費者にも便利で、多様な機能性を提供しています。そのため、バリアフリーへと改装する場合にも、毎日使うトイレの交換は必須の項目にもなってきています。場所を取らず、スペースを大きく使える設計や、掃除の手間を省けるような構造も開発され、日々便利で心地良く使える事によって、私達の健康にも良い効果がもたらされています。
すでに日本では、冬でも温かい便座は当たり前になっていますが、便座が温かい事やトイレットペーパーを流せる事、温水洗浄や乾燥機能まで付いている高機能便座な便座は高く評価されています。最近では開閉が自動の物もあり、更に利便性が高くなっています。

■高品質で複雑な構造

そのように高品質な日本のトイレ製品でも、やはり水漏れなどのトラブルを起こすときがあります。ほとんどが便器や便座の破損や、水道ホースからタンク内までの水の溜まる場所で起きています。大まかにでも仕組みを知って、自分で対処出来る範囲とプロに依頼する範囲を把握しておく事が必要です。
便器へ流す水はホースからタンクへ溜まり、タンクは一定の水量を守るための器具が中に組み込まれています。タンクがない物でも、便器の後方下方向に小さなタンクがあります。タンク内の水は温められて洗浄水としてノズルから出てきます。便座の中には熱線も巡らされています。
このようなことを大まかにでも理解しておく事で、どこから水漏れしているのか、どこが破損してしまったのかなどの予測ができるので、慌てず対処する事が可能になります。

■まとめ
日本のトイレは、高品質で高性能ですが作りが複雑な分だけお手入れも少し複雑になっています。
水漏れなども、タンク内や便座の破損によって、水の流れの制御ができなくなってしまうことが原因になる場合があります。便器へ直接水を流すという単純な水路なら故障も少ないかもしれませんが、温めるためにホースを使用している便座は、ホースが破損しただけでも水漏れが起こります。私達のメンテナンスの方法も、技術に追い付いていくことが求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース