トイレタンクの水漏れは対処できる事もある

トイレを掃除する際に、タンクの蓋を開けたことがあるでしょうか。外したことがないという方も多いかもしれませんが、温水洗浄機能が付いた便座では、中に溜まった水が温められてから直接私達の肌に触れるようになっています。そういう仕組みを知って、清潔に保つように心がけて掃除をする事は、水漏れなどのトラブルも防ぐ事につながります。

■タンクからの水漏れを防ぐための掃除

温水洗浄機能付き便座の場合、タンク内の水は直接肌に触れる水ですから、出来るだけ清潔に保っておきたいものです。きれいな水質を維持している日本だからこそ、シャワー機能が付いた便座が幅広く使われています。清潔な水が使えるように中をきれいにしておく事は、故障を防ぐためにも有効です。
トイレのタンクの中には、開けてみるとさまざまな部品が入っています。ウキであったり鎖であったりと、絶妙なバランスで水位を保つための工夫がされています。その部品がひとつでも破損したり汚れすぎていると、水位を確実に保つことができなくなり、溢れるなどの水漏れに繋がってしまいます。
蓋を開けて黒く汚れている場合などは、中性洗剤で洗い綺麗な水になるまで流しましょう。掃除用の重曹などを中の水に入れて汚れを浮かせてから柔らかいスポンジなどで優しく洗うだけでも、ウキや鎖の劣化を防ぐ事が出来るでしょう。

■タンクレスの場合の水漏れ注意点

デザイン性もシンプルでお手入れも簡単になり洗浄機能まで付いたタンクレスのトイレですが、意外な事で水漏れトラブルになる事があります。
便器の下後方についた小さなタンクは凍結に弱く、マイナス気温になる寒冷地では、管理に注意しなければなりません。長い間留守にするといった理由で、水道を落とし便座の電源を切ってしまうと、中に残っていた水が凍結してタンクに亀裂ができてしまい、水を出した際に大慌てするほど一気に水漏れを起こしてしまうなどという事があります。こうなったら、元栓を閉めてプロを呼んで修理してもらうしかありません。
部品なども取り寄せなければいけない事があり、繋がって作動している高性能な部分は修理代も含めた金額になりますから高くなります。タンクがどこに付いていて、どんな素材で作られている物なのかを確認しておくだけでも、こういったトイレ 水漏れの原因を回避する事ができます。

■まとめ
便器の汚れなどは普段から気にかけ綺麗に保つ方も多いですが、トイレ 水漏れはタンク内の掃除からでも防ぐ事ができます。普段から小まめにやっておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ