自分でできるトイレの水漏れ原因チェック

トイレの水漏れは、どこから起きるのでしょう。突然、トイレの床が水浸しになってしまったという事が多いのではないでしょうか。原因がわからないまま慌ててしまいますが、どこから水漏れしているのかを見つけるだけでも、自分で対処できるか、専門家に依頼した方がいいのかを判断することができます。

■トイレの水漏れの原因箇所を見付けてみる

まずは止水栓でトイレに流れる水を止めます。それからある程度水を拭き取り、タンクや便器、便座などをよく見て触ってみると、水漏れ箇所が特定できる場合があります。その上で、自分で解消できるものか、プロに依頼するべきかを判断してみても遅くありません。
たとえば、タンクの蓋を開けてみて、中の汚れや部品の鎖が絡まっているだけであれば自分で解消する事ができます。タンクレスなどでは、タンクから水を抜くための部分のボルトが緩んで、そこから水がしたたり落ちてきている場合もあります。下方なので気が付きにくく見過ごしてしまいがちな場所ですが、ボルトを締め直すだけで水漏れが止まる事がありますから、自分でチェックしてみましょう。また寒暖差が激しい時は、結露が起きやすく水がポタポタと落ちてきているだけの事もあります。
ホースが破損していた場合や、便座が破損して割れてしまったなど、自分では解消できない事が原因になっている時は、早急に信頼できる業者さんに依頼しましょう。

■便座や便器が原因の水漏れは専門業者さんへ頼みましょう

トイレの温水便座は、精密な機械が入っています。温水機能がない普通便座であれば自分でも交換する事ができますが、温水便座の故障が原因の場合は、電気工事が必要な場合が少なくありません。便座に割れなどが起きたり温水便座のトラブルが起きた場合は、電源を切って専門の業者さんへ依頼しましょう。
現在では、ホームセンターなどでも便座だけを販売していますが、メーカーが違うだけで便座に合わなかったり、同じメーカーでも型が合わなかったり、水圧が合わないなど、取り付けてしまってからでは遅い事もありますので、充分に気を付けなければいけません。
便器の割れを発見した場合も早めに業者さんへ依頼しましょう。便器は陶器で出来ているので一度ヒビが入れば広がる可能性もあり、割れの部分が大きくなって床に水が溢れてしまってからでは大変です。

■まとめ
急なトラブルが起きてしまって、慌てて知らない業者へ電話をしてしまい、高額な請求金額を請求されたなどというトラブルもあります。そのため、トイレで水漏れが起きてしまった場合、原因を発見するだけでも適切な行動ができ、落ち着いて対処できます。便器を外さなければならない工事や、必要に応じてトイレの交換をしなければならない場合も、信頼できる業者さんに依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ